★儲かるセールスレターの書き方!キャッチ・ザ・ライティング

★徳田勝道恐ろしいほど集客 速攻集客法

美容院・美容室の集客タイミング

美容院美容室チラシをまくタイミングは、美容院・美容室に行かないといけない理由がある少し前だ。

 

間違ってもお客が減る時期にチラシを打ってはいけない。

 

理由は簡単で、お客さんの目にとまらないからだ。

 

どんな業態でもそうだが、チラシをまくタイミングは、お客さんがその商品やサービスを必要とする時だ。

 

お客さんがその商品やサービスを必要としていないときは、どんなに安くても、どんなにお得でも、チラシは目にとまらない。

 

仕事を探している人にとっては、チラシの中の求人広告は真っ先に目に飛び込んでくるが、仕事を探していない人にとっては、求人広告は無いも同然だ。

 

いつも入っているというのに。

 

だから美容院・美容室のチラシを入れるタイミングは、「そろそろ美容院・美容室に行かなきゃ、、」と思う時期でないといけない。

 

前回も書いたが、美容院・美容室は、残念ながらそんなに安い出費ではない。

 

だから何か行かないといけない理由がないと行けない。

 

何らかのイクスキューズ(言い訳)というのがないと、大割引の3千円でも払えない。

 

となると、何か美容院・美容室に行く理由がある時期とタイミングを選ばないといけない。

 

そう言う時期ならば、チラシが山盛りあろうと目にとまるから。

 


タイミングに合わせたサービスを

ところがお客さんが美容室に行かないといけない時期は、美容院が忙しくなる時期だから、つい集客を忘れてしまう。

 

お客さんが来やすい時期にお店に来てもらい、そして工夫によってリピーターになってもらわないと行けないと言うのに。

 

家庭事情やお客さんの事情は様々だから、そう言う風な大きな繁忙期しか、チャンスはない。

 

親戚や友人が結婚する、、、というのは、お客さんのイレギュラーな事情だから、それを察知して集客する事は出来ない。

 

そう言うお客さん毎の事情が発生したときに、自分の美容室に来てもらうことが、大事なわけだ。

 

たとえば近くに小学校などがあって、授業参観がある時期ならば、多くのお母さん方が美容室にくる用事が出来る。

 

そういうときにしっかり集客しておき、リピーターになってもらう工夫をする事によって初めて繁忙期以外にもお客さんが来てくれる店になるわけだ。

 


美容室専門 ゲリラ流 集客マニュアルNEXT:千円カットに行く女性の心理
広告

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加