★儲かるセールスレターの書き方!キャッチ・ザ・ライティング

★徳田勝道恐ろしいほど集客 速攻集客法

チラシを播く目的とは?

チラシを新聞に入れたり、ポスティングしたりする場合、何の目的で、何をゴールとするのかハッキリさせないといけない。

 

新しいお客さんを集めるのか、現在のお客さんに何かを伝えるのか、目的がハッキリしていないと、誰に何を伝えるのかあやふやになる。

 

新しいお客さんを集めつつ、既存のお客さんの客単価を上げるとか、そういう二兎を追うような事をすると、チラシはムダになる。

 

なのでまず、これから作るチラシの対象が誰で、その人に何を伝えるのかを限定することが大事だ。

 

これはチラシだけでなく、集客全般に共通する重要事項だ手始めはもちろん「誰に?」だ。

 

伝えたい相手が誰なのか、それをまずハッキリさせる。

 

チラシのターゲットを誰にするか、まず明確にする。

 


ターゲットの絞り方

集客対象をハッキリさせることは、基本中の基本だ。

 

だけど意外とこれができていなかったりする。

 

お客さんが欲しい時というのは、変な話、誰でも良いから来て欲しいわけだ。

 

ところが集客ターゲットを絞らなければ、伝わらない。

 

「これって、私に関係ある事?」と思ってもらえなければ、広告は読んでもらえないし、来店してもらえない。

 

そしてターゲットの絞り方は、年齢・性別・住所・職業などの属性で絞るのが基本だ。

 

スーパーなどの場合は、職業属性は関係ない一方、家族構成(家族数)とか、生活スタイルというのも重要だ。

 

たとえば食べ盛りの子供を抱えている家庭だとか、子育ての終わった夫婦二人暮らしの家庭だとか。

 

はたまた介護が必要な人を抱えている家庭だとか、単身者だとか、そう言った属性で絞る事になる。

 

絞れば絞るほど、ターゲットの対象者は減るが、絞れば絞るほど、フィットしたオファーが可能になる。

 

NEXT:チラシで何を伝える?

広告

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加