★儲かるセールスレターの書き方!キャッチ・ザ・ライティング

★徳田勝道恐ろしいほど集客 速攻集客法

お客さんは、なぜ1000円カットに行くのか?

美容院・美容室は高い。

 

、、ということで、結構多くの女の人が、1000円カットで髪の毛を切っている。

 

あまり若い女性は少ないが、オバサン以上の人は、昼間など、よく見かける。

 

ちょっと髪を切って整えてもらいたいときや、ちょっと構って欲しいという事なのか、その辺の心理はよく分からない。

 

ただ、美容院ではなく1000円カットというところが、美容院がお客さんを逃している部分だろう。

 

1000円カットは、散髪屋さんのサービスから、ひげそりや洗髪などのサービスを無くしたもので、それだけでいいというお客さんでにぎわっている。

 

つまりこういうお客さんが望んでいるのは散髪のフルコース(フルサービス)ではなく、一品だけのチョイス(パートサービス)という事だ。

 


安いメニューも、うまく取り入れる。

美容院・美容室も、フルサービスとパートサービスをうまく組み合わせているお店がある。

 

1000円カットの場合は、パートサービスしかやらないが、うまくやるとフルサービスとパートサービスを共存させる事も可能になるだろう。

 

女の人だって、美容院のフルサービスではなく、ちょっとしたパートサービスも必要なはずであるし。

 

ただし、安いパートサービスメニューをやり出すと、フルサービスのお客さんが減ってしまうという事にもなりかねないから、メニューの構成は難しいところだ。

 

しかしどこで髪を切ろうがそれはお客さんの気分だから、安いパートサービスメニューがないと、他へ行ってしまう可能性もある。

 

安いメニューには、安い理由・言い訳がないと、フルサービスのお客さんが不満を持つ。

 

たとえば「授業参観スタイル」とか「法事スタイル」なんていう簡略化した多少安いメニューを作るとか、「スピードコース」「20分コース」などといった、時間を短く区切って安いサービスを提供する。

 

「いつもはフルサービスなんだけど、今日は事情があって、、、」という「仕方ない」雰囲気のサービスを作る必要があるだろう。

 

ただし間違っても作ってはいけないのは、「お金がないときサービス」「お給料日前サービス」なんていう、お金がない事を理由にすることだ。

 

これはお金が無い側からみると、かなり失礼なサービスだしね。

 

それならカットモデルでいいわけだし。

 

美容室専門 ゲリラ流 集客マニュアル

広告

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン


このエントリーをはてなブックマークに追加