反応率の高い3つの見出しとは

反応率の高い3つの見出しとは

★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★徳田勝道恐ろしいほど集客 速攻集客法

見出しに入れるべき3つの要素とは

ケープルズによると、効果のある見出しには3つのタイプがあるという。

 

3つのタイプというより、3種類の要素と言った方が正しいか。

 

その効果のある3つの見出しの要素とは、

  • 得になる情報
  • 新しい情報
  • 好奇心をそそる情報
ということだ。

 

「得になる情報」とは、マーケティングでよく言われる「ベネフィット(Benefit)」というやつだ。

 

ベネフィットは日本語では「恩恵」なんて訳されるが、「金銭を含んだ広い意味での利益」と言うことである。

 

一方、金銭的利益はプロフィット(Profit)と表現するのが普通だから、プロフィットとあれば金銭的利益、ベネフィットと言えばもっと広い意味での利益というふうに区別しておいた方がイイだろう。

 

二番目の「新しい情報」というのは、簡単に言うとニュースなのだが、読者にとって目新しい情報は全てニュースになる。

 

業界内では当たり前のことであっても、一般の消費者は知らないこと、これを伝えるだけでもニュースって事になる。

 

最後の「好奇心をそそる情報」というのは、チラシや広告の読者に考えさせるような情報。

 

たとえば「毎日野菜、食べてますか?」みたいなコピーである。

 


スポンサードリンク

最も反応の良い見出しとは?

反応のある見出し・ヘッドラインには、次の3つの要素があるという。

 

  • 得になる情報
  • 新しい情報
  • 好奇心をそそる情報
この中で一番反応率がよいのは、「得になる情報」であるという

 

広告というのは、何かの商品やサービスを売るための媒体だが、そんなことは読む側だって知っている。

 

ポストや新聞に山ほどチラシが入っていても、「また売り込みか」「ウチには必要ないよ」と思ってすぐにくずかご行きになるのが普通の人の反応だろう。

 

そんななかで見込み客の目にとまる広告とは、読み手が読むという行動を引き起こすだけの利益がないといけない。

 

なので読む人にとって利益がある情報が入っている見出しが一番効果的であるというのはごく当たり前で納得いく結果である。

 

ところがケープルズによると、この当たり前のことが出来ていない広告見出しが未だに多いという。

 

読み手の利益になる見出しさえ書きさえすれば、広告の効果が何倍にも増えるようなケースだってあるのだという。

 

ケープルズによると広告の反応率を上げるには、表現の上手い下手はどうでも良くて何を書くかが重要だという

 

なのでとにかく見出しにはまず、読み手の利益になる情報を入れて注意を引かないといけない。

 

でないと自分が作ったチラシは、チラ見されただけですぐ、くずかご行きになるのは必至だろう。

 

NEXT:見出しは単刀直入が最強


スポンサードリンク

せどりで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★Amazonで販売・せどりするならこれ!プライスター日本版30日間無料

★第2位★15のカテゴリから2秒でお宝発見!せどりの翼アルバトロス

★第3位★月20万稼ぐネット完結せどり!おこづかいWAKU湧くアカデミー

★第4位★Amazon輸入のリサーチを高速化カルーン!IDせどり

★第5位★せどりで稼ぐ最短通信講座はこれ。スマホツール&せどり術通信講座

★確定申告★個人ビジネス、せどりビジネスでも確定申告は必要。せどり税金セミナー

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加