★儲かるセールスレターの書き方!キャッチ・ザ・ライティング

★徳田勝道恐ろしいほど集客 速攻集客法

商品やサービスに関係ない無料オファーは意味がない

チラシや広告の反応率を上げる工夫。

 

チラシや広告を打つ場合に、無料オファーや割引クーポンなどを付けると、反応率が上がる。

 

特に高額商品や、エステや学習塾と言った、形の見えないサービスに関しては、いきなりお金を出すのには抵抗があるはず。

 

買い手は目の前にある商品やサービスが、果たして自分の必要としているものであるかどうか、それを探ってからモノを買おうとする。

 

そのためにいろいろ調べたり、試しに少し買ってみたりというふうな行動に出る。

 

こういう確かめ行動に費やすコストをマッチング・コストと呼ぶわけだが、無料オファーや割引クーポン券というのは、マッチングコストを下げる効果があるということだ。

 

だから無料オファーや割引クーポンは、商品やサービスを購入する前段階のモノを提供しないといけない。

 

つまり学習塾の無料オファーで、サランラップやザルを配っても仕方がないってことだ。

 

無料で配るならせめて、塾の名前とホームページのURLなどが入ったノベルティ(粗品)でないと意味がない。

 

それよりも無料で授業が受けられるようなオファーの方が良く、さらにノベルティを無料プレゼントすれば良い訳だ。

 



無料オファーでニーズを探る

無料オファーは、何も一つに限る必要はない。

 

たとえばエステなど、メニューがいくつかあるなら、体験できるメニューを2つ以上用意して、どれか一つを選んで受けてもらうようにすれば、見込み客のニーズを知ることが出来る。

 

たとえば「二の腕スリミング・コース」と「太股スリミング・コース」と、「小顔マッサージ・コース」を用意しておく。

 

この中から一つか二つを体験できる事にすれば、見込み客がどのコースに興味があるのかデータが取れる。

 

体験後に感想を少しもらえば、どのコースにどれだけ需要があって、これから何をやればいいのか、データが取れる

 

このデータによって、お店に来る見込み客の興味が測れ、その後の事業展開やプロモーションに役立てるわけである。

 

こういう選択肢のある無料オファー・割引クーポンであると、既存顧客も新しいメニューを安く体験することが出来るし、モノを選ぶ楽しみも生まれる。

 

もちろん既存顧客には先に体験してもらうか、無料で体験できるように図るべきだが。

 

NEXT:消費者が見たことのないチラシは作るな


広告

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第2位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン


このエントリーをはてなブックマークに追加