チラシ、広告の問い合わせを増やすコツ記事一覧

ここからは、チラシや広告の反応率を上げる方法や技の紹介だ。チラシや広告を作る場合、ちょっとしたことで反応率が変わってくる。そのために効果的な方法の一つ目が、「無料オファー」である。無料オファーを打つことによって、チラシや広告の反応率を上げることが出来る。というのも無料オファーは見込み客のコストを下げるからだ。見込み客のコストってなに?と思われるかも知れないが、経済学などでは消費者が商品やサービスを...

チラシやセールスレターの反応率を上げるには、無料オファーをすればよい。無料オファーというのは、パンフレットでもイイし、試供品でもイイし、無料体験サービスでも良い。いずれにせよ商品購入の前段階となるような商品やサービスの見本を無料で提供する。売りたい商品やサービスと関係ないモノは、無料オファーしてもおそらくは無意味である。というのも無料オファーは、見込み客は買うかどうかを判断するコストつまり、マッチ...

チラシで無料オファーや割引オファーをする際には、クーポン券をチラシに印刷すると良い。「無料おためし券」「割引クーポン券」など名称は適当でよいが、名前と住所を書く欄は必ず入れておく。。なぜならそこに名前や住所などの情報を、あらかじめ書き込んでもらえれば、名前や住所を一々尋ねる手間が省ける。電話番号欄は、電話での売り込みを怖れて書きたくない人も多いので、無しでも良い。ただ無料体験などのサービスの場合は...

クーポン券で集客する方法の続き。クーポン券もタダ配るだけではなく、宣伝効果を高める方法がいろいろある。一つ目は、クーポン券の価値をハッキリ書くこと。つまり「割引クーポン」と言う風に書くのではなく、「●●円お得な割引クーポン」という風に、いくらお得になるのかをしっかり宣伝する。「普段9800円の所、3000円」「6000円お得な3000円で体験できます」等という風に、得になる金額をハッキリ書く。2つ...

クーポン券を発行する目的は、新規顧客の獲得である。新しいお客さんを得るために、チラシをまいて、広告を打ち、無料オファーや割引クーポンで集客する。しかしその一方で、「新しい客ばかりにサービスして腹が立つ」と思っているのがお得意様。口には出さないが、一見さんが自分より安い料金でサービスを受けている。しかもワイワイガヤガヤ、うるさいったらありゃしない。こういう状況を横目に正規料金を支払うのは、多少なりと...

無料オファーや割引クーポンなどを出す場合、前もってお得意さんや常連さんに、同等以上のサービスを行っておく必要がある。売り切りタイプの商品の場合は、特にそう言う事が必要でもないだろう。が、美容院やエステ、学習塾と言ったサービスでは無料オファーや割引クーポンのお客で、騒々しくなったりうるさくなったりして、常連客に嫌な思いをさせかねない。そのためにはクーポン利用者の利用時間帯を、お得意様の利用時間帯と別...

チラシや広告の問い合わせを増やすには、無料オファーが効果的だという。そして無料オファーも「無料」と書くよりなので何が無料でもらえるのか、チラシに画像を載せると良いという。ザ・コピーライティングのテキストには、無料プレゼンを片手に笑顔の人の絵が載っているが、こう言うモノをもらいました〜!幸せ〜!…という感じの画像を載せればイイって事らしい。いかにもアメリカ的という感じだが、とにかくわかりやすく、イメ...

チラシや広告の反応率を上げる工夫。チラシや広告を打つ場合に、無料オファーや割引クーポンなどを付けると、反応率が上がる。特に高額商品や、エステや学習塾と言った、形の見えないサービスに関しては、いきなりお金を出すのには抵抗があるはず。買い手は目の前にある商品やサービスが、果たして自分の必要としているものであるかどうか、それを探ってからモノを買おうとする。そのためにいろいろ調べたり、試しに少し買ってみた...