見出しの定石キーワード10の型

見出しの定石キーワード10の型

★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★徳田勝道恐ろしいほど集客 速攻集客法

見出し用キーワードで作る見出し作成法

レスポンスの良いチラシの見出し作成法。

 

次は特定のワードを使う見出しの書き方だ。

 

これは訴求ポイントではなく、見出しで有効なワードを利用して作る方法で、要するに「定石的な見出し」の為のキーワードだ。

 

日本語で書くと違いが分からないので英語で書くが、次のようなワードが見出し用キーワードになる。

 

  • How to
  • Reason
  • How、Why
  • Which
  • Anyone Else
  • Wanted!
  • This
  • Because
  • If
  • Advice
こういうキーワードを使って見出しを書く利点としては、文章の形がハッキリして、読みやすくなると言うことらしい。

 

何の制約も無しに自由に見出しを書くと、何を言いたいのかよく分からない文章を書いてしまったりする。

 

しかし特定のキーワードで制約・縛りをかけておくと、それなりに読める文章になると言うことらしい。

 

最初はとにかく、定式通り、セオリーに乗っ取っていこう。

 


スポンサードリンク

定石キーワードで作る見出し(1)How to と Reason

定石キーワードで作る見出し。

 

最初は「〜する方法」(How to)というキーワード。

 

左の女の子の画像ヴィジュアルに「年頃の娘と上手くやってく方法」「一人娘に悪い虫が付かないようにする方法」…という見出しを付ければ、結構良さそう。

 

売れるかどうかはよく分からないが。

 

「〜する方法」と言う表現以外にも、HowToというのが元のフレーズなので、

  • How to select (〜の選び方)
  • How to teach(〜の教え方)
  • How to learn(〜の学び方)
というようなフレーズを考えればよい。

 

ただ日本語のチラシ・セールスレターでこのフレーズはちょっと訴求力が弱そうなので、

「新発売!年頃の娘と上手くやってく方法。

 

9800円」「ついに発見!年頃の娘と上手くやっていく方法」

等という風に、他の要素を加えて見出しを作った方が良さそうだ。

 

定石キーワード・その2は「Reason(理由)」を使った見出しだ。

 

「〜の理由」「なぜ〜なのか」「〜のワケ」というふうな表現になる

Reason(理由)を使った見出しの例
「娘が父親を遠ざける本当の理由」「なぜ年頃の娘は、父親を遠ざけるのか?」「ボクが娘から信頼される父親になれたわけ」
ReasonはWhyと対になる単語だから、「なぜ〜なのか?」という表現も使えると言うことだね。

 

しかしこれって確かに本の題名や章のタイトルっぽいが、本当にセールスで反応の多いフレーズなんだろうかね?つづく。

 

NEXT:私はコレで会社を辞めました。

 


スポンサードリンク

せどりで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★Amazonで販売・せどりするならこれ!プライスター日本版30日間無料

★第2位★15のカテゴリから2秒でお宝発見!せどりの翼アルバトロス

★第3位★月20万稼ぐネット完結せどり!おこづかいWAKU湧くアカデミー

★第4位★Amazon輸入のリサーチを高速化カルーン!IDせどり

★第5位★せどりで稼ぐ最短通信講座はこれ。スマホツール&せどり術通信講座

★確定申告★個人ビジネス、せどりビジネスでも確定申告は必要。せどり税金セミナー

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加